早稲田大学 イスラーム地域研究機構


研究活動

TOP > 研究活動 > NIHUプログラム イスラーム地域研究
  • 機構概要
  • 概要
  • 機構長メッセージ
  • 機構構成員
  • 活動一覧
  • お問い合わせ・アクセス
  • メーリングリスト
  • 研究活動
  • イスラーム地域研究セミナー
  • 人間文化研究機構地域研究推進事業
  • 早稲田大学拠点(中心拠点)概要
  • 早稲田大学拠点グループ
  • 第1期WIAS2006年度~2010年度
  • 文部科学省委託 整備の推進事業
  • 早稲田中心拠点概要
  • 公募研究
  • 拠点強化事業
  • 共同利用・共同研究
  • アジア・アフリカ学術基盤形成事業
  • 科学研究費補助金(基盤研究B)事業
  • その他
  • 早稲田大学重点領域研究機構アジア・ムスリム研究所
  • 教育活動
  • 講演会「働く日本人のイスラーム」
  • イスラーム地域研究関連科目
  • 出版
  • イスラーム地域研究ジャーナル
  • 英文論文集New Horizons in Islamic Area Studies
  • シリーズ「イスラームを知る」
  • イスラーム原典叢書
  • 関連リンク
  • 関連リンク
  • IAS拠点リンク
  • 早稲田大学拠点
  • 東京大学拠点
  • 上智大学拠点
  • 京都大学拠点
  • 東洋文庫拠点
  • イスラーム地域研究拠点
  • NIHUプログラムイスラーム地域研究

NIHUプログラム イスラーム地域研究

NIHU文科省AA学術基盤科研その他重点領域 [研究会のお知らせ]

公開シンポジウム 「10年目の9.11―国際社会とイスラーム世界はどう変わったか」のご案内

2011.09.11 開催

NIHUプログラムイスラーム地域研究では、公開シンポジウム「10年目の9.11―国際社会とイスラーム世界はどう変わったか」を9月11日(日)に早稲田大学大隈記念講堂小講堂にて開催いたします。

人間文化研究機構(NIHU)プログラム・イスラーム地域研究の早稲田大学拠点・東京大学拠点・京都大学拠点では、来る9月11日(日)、各拠点共催シンポジウム「10年目の9.11―国際社会とイスラーム世界はどう変わったか」を開催いたします。

 世界中を震撼させた2001年9月11日から10年。世界はアフガニスタン空爆、イラク戦争をはじめとして、各地で「反テロ」を旗印にする陣営が絡む戦争・紛争を経験し、多くの国や地域は未だに不安定な状況下に置かれています。「9.11」は国際社会とイスラーム世界に何をもたらし変えたのか、あるいは変えなかったのでしょうか。チュニジア、エジプトでの「民主化革命」が再び世界に衝撃をあたえている今、9.11事件以降の10年が何だったのかを改めて検証するにふさわしい時期を迎えたと言って過言ではありません。

 当シンポジウムでは、各地域を専門とする研究者の講演とともに、パネルディスカッションでの討論によって、国際社会とイスラーム世界の10年間、そして現在を考える場を提供いたします。みなさまのご参加をお待ちしております。なお事前連絡・登録の必要はなく、入場は無料です。

早稲田大学拠点・東京大学拠点・京都大学拠点共催イスラーム地域研究公開シンポジウム「10年目の9.11―国際社会とイスラーム世界はどう変わったか」

日時
2011年9月11日(日)14:00-17:35(開場13:30)
場所
早稲田大学大隈記念講堂小講堂(定員300名)

【プログラム】
<基調講演>
「危機と希望の新時代へ―イスラーム地域研究の立場から」
小杉泰(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授)
<講演>
「変容するジハード主義」
保坂修司(日本エネルギー経済研究所研究理事)
「9.11がもたらしたもの―パキスタン社会における権力構造の変容」
山根聡(大阪大学世界言語研究センター教授)
「中央アジアの眺望」
小松久男(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
<パネルディスカッション>
司会
保坂修司(日本エネルギー経済研究所研究理事)
パネリスト
私市正年(上智大学外国語学部教授)
小松久男(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
小杉泰(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授)
山根聡(大阪大学世界言語研究センター教授)
末近浩太(立命館大学国際関係学部准教授)
<問い合わせ先>
info@islam.waseda.ac.jp
シンポジウムのチラシは下記アドレスにてダウンロードできます。
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/